Make your own free website on Tripod.com

写念のタバコの講演

(Below is a three minute speech I prepared as an example of an affirmative speech for my students. Your computer must handle Japanese to display it correctly. The sounds were recorded by me.)

日本では、タバコを吸っている人が多いですね?けれども、タバコにはいろいろ の問題があります。。。今日は健康と経済の問題を話します。次の理由から、タ バコは禁止さなければなりません。

健康では、問題が二つあります。第一に、タバコは自分の体に良くないという事です。例えば:

「あなたの健康を損(そこ)なうおそれがありますので吸いすぎに注意しましょう。」

とタバコ会社はMild7の箱に書いている証拠です。皆さんも良く知っているよう に、一番大きな危険は肺ガンです。

第二には自分ばかりでなく、まわりにいる人はタバコで迷惑にもなります。タバコの煙はどこでも行きますから、タバコを吸わない方も煙を吸い込みます。

それは健康の問題です。次に、経済の問題を話します。一つは自分のお金の問題 です。もう一つは社会の問題です。

この例を考えて下さい。一週間に20本のタバコを吸っている方は、一ヶ月で 1千円を払います。毎週、毎月、毎年。やがて合計は高くなります。十年後に、 タバコ代は10万円以上になります。お金は煙になりました。悲しいことだと 思います。

社会にとってゴミの問題もあります。タバコのゴミを集めることも高い費用を かかります。聞いて下さい:

アテネズの掃除している人のScott Pauleyさんは、「アテンズで タバコのゴミは大きな問題です。」と言いました。

他の理由もありますが、時間もありません。ですから、我々はもうすでに タバコは禁止すべきである事を十分分かっています。今プランの時です。

ます、政治はタバコを禁止の法律を作ります。だが、タバコを吸っている人に タバコを辞めさせることは難しいものですね?その人のために特別なタバコを 吸う許可を出すことができます。お医者さんはその許可書を書きます。この 法律の焦点は、将来、新しくタバコを吸い始める人を抑制 (よくせい)する事にあります。その方法でタバコは禁止 することをできます。

貴方の興味にどうもありがとうございます。以上。